2017年5月24日放送のガッテンは
【ガッテン】 nhk 10食品群チェックシートで健康維持
筋肉!血管!免疫!あの栄養素で体ごと強くなるSP
両親や家族がいつまでも介護いらずの元気な体でいるための秘訣を紹介してくれました。
最後に【 nhk ガッテン】で紹介された 10食品群チェックシートをダウンロードできます。

スポンサーリンク




ガッテン nhk 10食品群チェックシート

いつまでも元気な体でいるための栄養素

いつまでも介護いらずの元気な体でいるためのカギとなる栄養素が
「たんぱく質」です。

「たんぱく質」は若々しい血管や免疫力を保つために必要な大切な栄養素の1つ!
高齢者になると、肉などを食べる機会が減り、
体がたんぱく質不足になっている方が少なくありません

たんぱく質不足は、
骨折のリスクが大きく上がるだけでなく、
心筋梗塞や肺炎などの危険性を上昇させるため
毎日欠かさず取りたい栄養素です。

ガッテン nhk 10食品群チェックシート

高齢者の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)?

厚生労働省が毎年行っている国民健康栄養調査の結果から推計すると、
70歳以上の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)の恐れがあることが分かりました。

低栄養になると、心筋梗塞や肺炎になったり、
死亡するリスクが高まることが様々な研究で分かってきています。

では、一体どうすれば低栄養を防ぐことが出来るのでしょうか?

ガッテン nhk 10食品群チェックシート

タンパク質は心筋梗塞の予防?

心筋梗塞は、動脈硬化によって心臓に酸素や栄養素を運ぶ
冠動脈という血管が詰まってしまうことで発症し、
心臓の細胞が死んでしまう病気です。

死んだ細胞が増えれば増えるほど、
そこから有毒物質が放出されて炎症が悪化し、
病状がどんどん深刻化していきます。

死んだ細胞を掃除する「貪食細胞」と言う細胞が働いて
症状の悪化を阻止するんです。
この貪食細胞の働きを促進するのが「MFG-E8」というタンパク質です。

日頃からタンパク質を良く摂るように注意しましょう!

60歳を過ぎたら「たんぱく質」を摂ることを意識しましょう。

※とりすぎは、カロリーオーバーや病気のリスクとなります。ご注意ください。
※特に腎臓病の方は、たんぱく質を多く取ることで、腎機能が悪化する可能性があります。
 医師と相談の上、必要なたんぱく質量を決めて下さい。

ガッテン nhk 10食品群チェックシート

低栄養を防ぐのに必要な10食品

低栄養を防いだり改善させるのに、大きな効果を持っているのが
「10食品群チェックシート」です。

これは、低栄養を防ぐのに必要な10食品を一覧にしたシートで、
その日食べたものを量にかかわらず丸を付けていくことで、
自然とたんぱく質の摂取量が増えていくというものです。

肉・魚・卵・大豆・牛乳という5食品がたんぱく質。
それから、油・緑黄色野菜・海藻・芋・果物は、
そのたんぱく質を効率よく働かせるために必要な5食品です。

主食・主菜・副菜
を意識しながら食べると、自然とこの
10食品が多く取れるようになってきます。

一日で丸が7つ以上つけられるような食生活がすすめられています。

ガッテン nhk 10食品群チェックシート

こちらから「10食品群チェックシート」はダウンロードできます。
↓↓↓↓↓↓↓

>>10食品群チェックシートをダウンロードする。